枕 洗濯

枕カバーは黄ばんでしまったり、
ニオイが気になればカンタンに洗えますよね。

 

でも汗やよだれがカバーを通り越して
枕にしみこんでしまっていると思いませんか?
そう考えると、適度に洗濯をして、
清潔に保ちたいですよね。

 

しかし枕そのものは洗濯できるのでしょうか?

 

実は洗濯できるかどうかは
枕の素材によってかわってきます。

 

まずは洗えない枕から。

 

そばがら、羽根、ポリエステルわた(まれに洗えるものもある)
低反発ウレタン、ビーズ、低反発ウレタンチップ

 

これらは洗濯することができません。

 

なので、衛生的に保ちたいのであれば、
天日干しや消臭スプレーを定期的に使いましょう。

 

洗える枕は?
パイプ、ポリエステルわた(まれに洗えます)
ビーズ(稀にあらえないものもあります。)
ミニボールです。

 

実際に洗う前には、枕についているタグで確認してみてくださいね。
タグに洗濯機がNGと表記されていれば、手洗いをしてみましょう。

 

枕を洗う時は必ずネットに入れましょう!
私は一度ネットに入れず、そのまま洗ってしまったことがあります。
パイプが入っているタイプの枕でしたが、
洗濯機の中がパイプだらけになってしまいました。

 

掃除するのも大変ですので、あなたも気を付けて下さいね。

 

洗濯機のモードは手洗いモードなどの少しやさしめのモードで
枕をやさしく洗います。

 

中性洗剤を使いましょう。

 

洗い終わったら、天日干しをしてしっかり乾かしましょう。

 

素材によっては、完全に乾くまで、日数がかかるので、
予備お枕を用意しておくか、
タオルをまるめて代用してください。

 

濡れた状態の枕を使うのは、NGです。
まくらがかびてしまったり生乾きのニオイがしてしまう原因にもなります。

 

また頭皮環境や肌にもあまり良い影響は与えません。